お問い合わせ

interview

トビラシステムズに入社したきっかけは?

転職活動中に見ていた求人エージェントで、ある日「ぜひ太田さんに会いたい」というメッセージが届きました。それがトビラシステムズだったのです。テンプレートのようなメッセージが多い中で、それは明らかに僕だけに向けたもの。面白い会社だなと思って面接に行きました。入社面接で代表の明田と直接話した際、事業計画や今後のビジョン、目指していく場所を明確に説明してくれました。働く中で「なぜ自分がこの業務をやるのか」がクリアでないと、ただ指示された仕事をこなすだけになってしまいますよね。トビラシステムズは経営陣と現場メンバーの意思疎通がきちんとできている、と感じられました。

現在の業務内容は?

iPhone向けの迷惑電話ブロックアプリを開発しています。iPhoneは素晴らしい機器ですが、そのぶんアプリの開発には制約が多くて難しい。課題をどう解決し、どうすればユーザーにとって使いやすいかを考え、試行錯誤しながら日々開発しています。アプリのインストール数やアクティブ数が伸びたり、レビューで「役に立った」と書かれていたりするとやはり嬉しいですね。もちろんポジティブなレビューばかりではありませんが、ユーザーの声を受けることによって改善点や課題が可視化されます。エンドユーザーが見えることが「もっといいものを作りたい」というモチベーションにつながっています。

トビラシステムズはどんな会社?

会社のメンバー全員が、同じ方向を目指して働けていると感じます。
だから自分と違う部門で違う仕事をしているメンバーを見ても、一体感を感じて士気が高まります。その人の頑張りは僕に返ってくるし、反対に僕の頑張りはその人に還元されるとわかっているからお互いに頑張れます。

職場は自由で風通しのいい環境なので、リラックスして仕事ができています。

今後の目標は?

会社全体の大きな目標としては、売り上げ向上や社内の体制づくりにさらに貢献したいです。入社する際に僕個人が決めた目標もあります。

それは、サーバサイドもアプリ開発もできるフルスタックエンジニアになること。何か一つのエキスパートになるよりはいろいろな領域にチャレンジし、物事を多角的に見て、何が正しいのか判断できるエンジニアになりたいです。

太田さんの休日

子供が小さいので、一緒に過ごす時間を大切にしています。自分の趣味の時間が取れるときは、アウトドアな過ごし方をします。釣りをしたり、自転車で遠くまで行ったりするのが好きです。

トビラシステムズに入社したきっかけは?

前職では営業やマネジメントの仕事をしていましたが、私が本当にやりたかったのはエンジニア職でした。「大好きな技術の仕事をしたい」、その思いが実現できる場所がトビラシステムズでした。

もちろん、他の企業にもエンジニア職はありますが、大きな企業だと既存の方法や枠組みがあり、自分のやり方を試すのは難しい場合があります。トビラシステムズは自分のアイデアや開発手法を実践できる環境に恵まれていて、小回りのきく会社だと感じています。

現在の業務内容は?

Android向けの迷惑電話ブロックアプリを開発するチームのリーダーを務めています。アプリは携帯電話の大手キャリアから受注することもあり、責任感が大きいぶん緊張感があります。実際にアプリがリリースされると「やってやったぞ!」という達成感があります。プログラミングってプログラムの良し悪しに関わらず、ユーザーから見ればアプリの動き方は同じですよね。でも中身の作り方が悪いと、機能を追加するときやバグが起こったときなど、大変なことになります。私はアプリの中身であるプログラムもより良いものにしようと心がけているので、それが上手くできたときは嬉しいです。

トビラシステムズはどんな会社?

自分の仕事と会社の業績のつながりがきちんと見える会社です。
作るアプリによってダイナミックに売り上げが変化するので、自分が手を尽くしたことが会社の成果として可視化されることはモチベーションになります。それから、自分の好きなことができる柔軟な環境もあります。

私の場合は、自分の中でずっと温めていたアイデアをアプリとして形にする機会をもらえました。実際にアプリを開発し、リリースすることができてすごく嬉しかったです。

今後の目標は?

エンジニアとして、さらにステップアップしていきたいです。
定年が35歳ともいわれるエンジニアの世界ですが、実は、私は35歳を超えてからこの仕事を始めました。

自分が考えたアプリを開発したのもステップアップしたい気持ちがあったからです。優れたエンジニアの多くは年下ですし、技術レベルで上には上がいますが、彼らに少しでも追いつきたいと考えています。

佐々木さんの休日

休日も趣味でプログラムを書くことがあります。プログラム以外だと、映画が好きです。実は過去には映画のエキストラに応募し、出演したことも何度かありますよ。お気に入りの映画は「ゴジラ」です。

トビラシステムズに入社したきっかけは?

僕は生まれも育ちも関東なのですが、大学時代に1年ほど、岐阜で地域活性化のNPO活動をしていました。そのときに東海地方の魅力に触れ、「働くなら東海もアリかも」と考えていました。優れたテクノロジーを持ち、自社サービスを開発している東海地方の会社を調べる中でトビラシステムズに出会いました。NPOで活動していた経験もあり、トビラシステムズの「テクノロジーで社会問題を解決する」という姿勢に魅力を感じました。早速メールを送ったらすぐに返信が来て、なんと翌日には代表と面接。そのスピード感に正直驚きましたが、それも僕がトビラシステムズに惹かれたポイントの一つです。

現在の業務内容は?

新規サービスの立ち上げプロジェクトに携わっています。何もないところから企画・仕様設計・開発までおこない、サービスをリリースするのは簡単なことではありません。でも、自分たちが考えたものをユーザーがどう使うか検証したり、どうしたら価値や魅力を感じてもらえるかを考えたりするのが、とても楽しいです。自社サービス開発がメインの会社なので、プロジェクトの効率化ツールを作って試したり、やってみたいことに対して自由度高くトライできたりします。僕はエンジニアになって1年目ですが、仕事の幅はどんどん広がってきたと感じています。

トビラシステムズはどんな会社?

既存のシステムを土台に新しいサービス開発ができたり、インフラからフロント、サーバまで自社にあるリソースを活用してさまざまなチャレンジができたりする環境は、トビラシステムズのいいところだと思います。

また、技術が好きな人が集まっている会社だと思います。ミーティングでも技術の話題になると議論が盛り上がり、みんなの技術に対する思いや好きという気持ちが伝わってきます。エンジニアとして技術に対する妥協がないのは素敵なことです。

今後の目標は?

過去に働いていた会社ではアプリのカスタマーサポートや営業をおこなっていました。そこから、「今度はモノを作る側になりたい」と思ったのが、僕がエンジニアになったきっかけです。トビラシステムズでしっかりと修行し、きれいなコードを書けて拡張性の高いシステムを作れるような一人前のエンジニアとして成長したいです。

そしていつかは事業運営やマーケティングもできるような、ビジネスを作り出せるエンジニアになりたいです。

永井さんの休日

僕は一週間分の料理を週末にまとめて作り置きして、平日は帰宅したら温めてすぐに食べられるようにしているので、実は休日は料理に励んでいることが多いです。自分で作ったお弁当を会社に持って行くこともあるので、今や僕の料理好きは社内でも有名になってます。

トビラシステムズに入社したきっかけは?

トビラシステムズ入社前、エンジニアとしての業務経験はありませんでした。
専門学校に通ってプログラムを勉強し、小さな会社の方がスキルを磨くことができるだろうと考えて、当時まだ創業期だったトビラシステムズに入社。

僕は創業期2人目のメンバーでした。
その頃はまだメンバーが少なかったので、今以上にどんどん新しい仕事に挑戦していました。

現在の業務内容は?

社内の「なんでも屋」みたいな存在です。創業期からずっといるので、プログラムでもマネジメントでも、求められたらなんでもやります。
僕が最もパフォーマンスを発揮できるのはWeb開発ですが、一方でマネジメントの仕事では違う楽しさが味わえます。たとえば、メンバーが1年かけてできるようになった成長の過程などが見えると、僕自身も嬉しさや達成感があります。タイトなスケジュールで早くプロジェクトを完遂できたときも嬉しいですが、長い目で見たときの人の成長もすごく嬉しいもの。メンバーの成長は僕自身の成長でもあると思っています。

トビラシステムズはどんな会社?

メンバーが一人ひとり、全員やる気を持って仕事に取り組んでいる会社だと思います。社員が増えてくると、個々の仕事に対する気持ちにバラツキが出てきてもおかしくないかもしれませんが、トビラシステムズではみんながしっかりと仕事に向き合っています。

また、試行錯誤を重ねて自社製品を開発したり、その中から主力サービスである迷惑電話フィルタが生まれたりと、成長を続ける企業としての勢いもあります。

今後の目標は?

より多くの方にトビラシステムズという会社や私たちのサービスを知っていただき、興味を持っていただけるように努めていきたいです。

会社の規模は今後もっと大きくなり、一緒に働くメンバーもさらに増えていきます。今いるメンバーはもちろんのこと、新しくトビラシステムズに入ってくれた方にも気持ちよく働いていただけるよう、技術的な面でも働く環境づくりでも、僕にできる最大限のサポートをしていきたいと思っています。

岩井さんの休日

カメラが趣味でよく写真を撮りに行きます。写真って複合的で、光、角度、シャッタースピードや機材など、全てが関連して1枚の写真ができます。絵の具を混ぜ合わせるようにさまざまな要素が化学反応を起こすのは奥深いです。被写体の感情や雰囲気が伝わるように演出するのは楽しいですよ。

トビラシステムズに入社したきっかけは?

トビラシステムズが設立されるタイミングで取締役の松下に声をかけてもらったことがきっかけです。実は松下とは前職が一緒だったこともあり、彼の強い後押しがあってトビラシステムズのメンバーに加わりました。

現在の業務内容は?

私はセールスメンバーとして、自社製品の販売営業に携わっています。現在は、法人向け迷惑電話フィルタ製品「トビラフォン Biz」の販売営業に力を入れています。時代に合わせて売るモノが変化し続け、それに合わせてやり方も変わるので、常に新しいスタートを切るような気持ちがあります。チャレンジングだけど、それが面白さでもあります。営業はお客様一人ひとりにお会いして、商品の良さを理解していただく仕事。やっぱりお客様から"Yes"をいただけた瞬間は嬉しいです。

トビラシステムズはどんな会社?

いろいろな仕事にチャレンジできる会社です。幅のある仕事を一人で任せてもらえることもあります。普通の会社だとどうしても同じ職務に固まってしまい、ある程度将来のゴールや道筋が見えてしまうこともあるかもしれません。でもトビラシステムズはいい意味でその道筋が見えなくて、だからこそ楽しいと感じます。会社としてやることがどんどん変わっていき、ポジションや仕事内容も変化していくから、1年後の自分がどんなことをやっているのかわからないというのは面白いです。なかなかそういった働き方はできないと思います。

今後の目標は?

「トビラフォン Biz」をどんどん広め、成功させることです。

トビラシステムズは本当にスピード感があって、いろいろなことにチャレンジしながら前進しています。会社が大きな成長や変化を遂げている中で仕事に携われることは、貴重な経験だと考えています。今後も新しいことに向かって楽しく邁進していきたいです。

坂倉さんの休日

美味しいものを食べ歩きしています。東京はもちろん、横浜に行ったりもしますよ。ちなみに、私のお気に入りの場所は武蔵小山の焼き鳥屋さん。ディープな隠れ家スポットのあるエリアで食べたり飲んだりして楽しんでます。

トビラシステムズに入社したきっかけは?

開発をおこなう会社の中でも、トビラシステムズはハードとシステムを組み合わせた自社プロダクトを提供している点がユニークで、高い技術力を持っていると感じました。

また、主力事業である迷惑電話フィルタサービスは、大きな社会問題の解決に役立つサービスです。警察・自治体・大手キャリア様など多くの方々に支えられてサービスを提供できている点がすごいなと思いました。

現在の業務内容は?

会社の新たな事業の柱として重要展開している法人向け製品「トビラフォンBiz」の販売営業や、パートナー企業様の販売向上に繋げるための営業フォロー活動をしています。「トビラフォンBiz」は、「トビラフォン」で培った迷惑電話フィルタに、ビジネス向けの通話録音システムや発着信管理機能を追加した、法人にニーズのある製品です。既存の通信機器業界に新規参入し、その中で「トビラフォンBiz」に興味を持ってもらうことは大変なことではあります。でも、お客様からいい反応があったり、導入していただけたりしたときはとても嬉しいです。

トビラシステムズはどんな会社?

若いエネルギーと技術力のある会社だと思います。

大阪営業所は和やかで個性的なメンバーが多いです。東京の営業企画部や名古屋本社の開発チームのメンバーとは普段は離れて仕事をしていますが、定期的にオンラインミーティングをしたり顔を合わせたりする機会も多いので、距離を感じることなく仕事ができています。また、トビラシステムズはビジネスの素地がしっかりとしている会社です。テクノロジー業界には特有の変化や激しさがありますが、他社に負けないようしっかりと前進していくスタンスを大切にしていると感じます。

今後の目標は?

現在取り組んでいる「トビラフォン Biz」の販売実績を増やし、認知度を高めたいです。監視カメラやドライブレコーダーはある時点から急速に普及しましたが、「トビラフォンBiz」の役割である迷惑電話フィルタや通話録音システムも、法人の事業活動におけるセキュリティ・コンプライアンス策として、いつかスタンダードなものになればと考えています。

また、新たな製品開発も進んでいるので、今後も多くの法人に必要とされるサービスの展開に携わっていきたいです。

島本さんの休日

休日は海に波乗りに行くことが多いです。四国、和歌山、日本海など、近場の波の状況をチェックして、波がありそうなときは行きます。冬は寒くてしんどいスポーツですが、海に入ると心身ともに健康になり、リフレッシュして平日また仕事をがんばれます!

  • Tobilog
  • 迷惑電話フィルタ
  • 電話番号.com さがす、おしえる、つながる みんなの新しい電話帳
  • Netcomfy いつものWEBページが自動で自分好みに変わる
  • HOME PAGE FOR YOU あなたのためのカンタンホームページサービス